LOG IN

鼓動が響く

by C

唐突なInstagramのストーリー。

そこに映ったキミをまじまじと見つめた深夜0時。

あー髪の毛染めたんだー、

相変わらずかっこいいなー、

友達と遊んでるんだー、

楽しそうだなー、

忘れて、私は私のことを楽しもうと思ったのに。

一瞬にして、またキミを想っては

鼓動がひっきりなしに鳴り響く日々が続くんだ。

鼓動が1つ、また1つと音を立てるたびに

君への想いは刻み込まれていく。

勇気を持てない私の後悔と一緒に。

毎日積み重なって増えていく想いと後悔。

いっそ刻み尽くして、消してしまったら楽だろうけど。

このちょっとした痛みすら、楽しんでしまいたい。

ようやく自由に想うことができたから。

誰にも縛られずに、何かにも怯えずに。

わたしがわたしとして、感じる想いを。

ただやっぱり苦しくて痛くて、やめちゃいたい。

なんて声を掛けたらいいんだろう、

なんてLINEを始めたらいいんだろう、

何も知らない。

何もわからない。

そのもどかしさが苦しくて、

その積み重なりが怖くて、

明日が来てしまうのが怖い。

OTHER SNAPS